2008年03月12日

馴れ初めときっかけ

私は、仕事の関係で1997年11月から2002年9月末での4年11ヶ月間、インドネシアのジャカルタで駐在生活を過ごしました。
でも駐在する3年前位からは、インドネシアと日本とを行ったり来たりする生活をしており、1年の内100日以上はインドネシアで過ごしていましたので、8年に亘ってインドネシアとは係わりを持って生活していたことになります。

インドネシアでは、ある大きな合弁プロジェクトに係わっていたのですが、97年7月のタイバーツ暴落に端を発するアジア通貨危機に見舞われたことから、プロジェクトは迷走し、インドネシア側のパートナーとも決別し、最終的には撤退というかたちで幕を閉じました。

仕事の面では、インドネシアという国には、こっ酷い目に合されましたが、時を経た今でも、未だにこの時、一緒に仕事をしたメンバーとは、偶に寄り合っては、昔話に肴に大いに盛り上がっています。

個人の生活面でも、色々な事がありましたが、カミさんとあの頃の話をして、懐かしむことも多々あります。

今振り返って思うことは、インドネシアで過ごしたあの5年間が、仕事の面でもプライベートの面でも、やっぱり一番充実していたのではないかということです。

プロジェクトの破綻により、私とインドネシアとの縁は完全に切れたものと思っていましたが、幸いまだ今なら、あの時の友人や現地会社のスタッフも残っており、私の気持ち次第では、また繋げることも可能なようです。

であれば、昔を思い出しながら、インドネシアとの縁を再度温めてみるのも悪くないかと思い、このブログを立ち上げました。
これから、インドネシアで経験した色々なことを、現地の言葉も交えながら綴っていくつもりですので、よろしければお付き合い下さい。




posted by Tada at 02:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89224592

この記事へのトラックバック

プロローグ
Excerpt: インドネシア関連
Weblog: 英語の面白学習法
Tracked: 2008-03-22 18:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。