2008年03月29日

インドネシアは赤道直下の熱帯雨林型の気候ですから、四季は有りません。

気温は1年を通じて変わりませんが、それでも季節はあります。雨季と乾季です。といっても雨季には朝、夕にスコールが来るというだけで、雨季だからと言って日本の梅雨のように一日中雨が降っているということは有りません。

そんな1年なので、四季の移ろいというのが感じられないことが、インドネシアで生活していて寂しい点でもあります。春もなければ桜もないのですが、インドネシアで桜の代わりに愛でていたのが、火焔樹です。
真っ赤な花で、桜とは似ても似つかないのですが、私達の住んでいた社宅の庭にはこの木が植えられており、この花が咲いた家には帰国辞令がでるというジンクスがありました。

火焔樹も花を散らし、辺りに真っ赤な絨毯を引いてくれます。今では、もう見ることは難しいですが。
posted by Tada at 17:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91482646

この記事へのトラックバック

お花見
Excerpt: 昨日は、昼間会社の同期と花見に行ってきました。 御弁当買って、皇居の中で食べました。この同期とは、新入社員の時、部は違いましたが同じフロアに配属され、寮も一緒だったこともあり、よく一緒に遊びまし..
Weblog: Clear Layer
Tracked: 2008-04-12 21:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。